DOHC4バルブ

カワサキ

カワサキCS250 1985 スタンダードモデルに徹した実益マシン

カワサキCS250は、虚飾を排し、スタンダードモデルに徹した、実益の高いモデルに仕上がっていました。パワーユニットは、2軸バランサーを用いた水冷DOHC4バルブです。ベースはKL250R(1984年)に搭載されていた単気筒エンジンです。カワサキ自体が、このパワーユニットに関して、あまり積極的でなかったようで。。。
タイトルとURLをコピーしました