DOHC

ボブ・ディラン

ホンダCBX250RS 1983 根強い単気筒ファンに応えたマシン

CB250RS/RS-Z(1980~1981年)の 人気を超えたVT250Fの登場で、 単気筒の支持や人気も消えかかったようにも思えました。 しかし、単気筒はモーターサイクルの基本です。 ...
ヤマハ

ヤマハSRX250 1984 シンプルで最軽量にDOHCシングルの強力パワー

ヤマハSRX250は、 XT250のパワーユニットをベースに仕上げられ、 発売当初は、クラス最軽量のロードスポーツモデルでした。 ライバル車、ホンダのCBX250RS(1983年5月)、 CBX250S(1985...
ヤマハ

ヤマハXZ550 1983 輸出モデルを国内でも余裕のツーリングマシン

XZ400(1982年)のベースモデルとして 輸出向けに生産されていましたが、 国内でも販売されたマシンです。 XZ400Dと同じくフルカウルを装備して ツーリング志向...
スズキ

スズキGS250FW 1983 250cc世界初の水冷DOHC4気筒 驚異のマシン

スズキGS250FW 1983年3月 水冷4サイクルDOHC2バルブ並列4気筒 249cc 38PS/11500rpm 2.4kg-m/10500rpm 157kg 100/90-16・100/90-18 \484,000 ...
カワサキ

カワサキZ400FX-E1 1979 400マルチ復活で空前のヒットモデル

1977年にCB400FOURが姿を消して以来、 400cc4気筒を望む声は根強くありました。 そのニーズに応えたのがZ400FXでした。 直線基調の大柄なボディに クラス唯一のDOHCマルチの搭載で 空前のヒ...
ヤマハ

ヤマハスポーツGX750 マルチ全盛期に個性のDOHC3気筒

ヤマハの「ナナハン」戦略第2号がGX750。 XS~TXとヤマハは4ストモデルは、 一貫して2気筒モデルでした。 そして新しいナナハンの選択は なんと2気筒でも4気筒でもない、 DOHC3気筒という、独自なものでし...
スズキ

スズキGS750 4サイクル最後発の750は、トータルバランスで勝負!

スズキGS750は、 4サイクルの750ccで 先行する3社を 追走するべく開発されたマシンです。 しかもスズキとしては 初の4サイクルでした。 DOHCで先行していたのは...
タイトルとURLをコピーしました