ビッグシングル

ホンダ

ホンダBG400TT 1985 初の400ccシングル 多様化する80年代

ホンダは、1985年、400ccクラスで初めて、シングル・スポーツモデルを発表しました。これは'83年12月にGB250clubmanの人気に煽られてでした。XR500R(1983年)のパワーユニットをロードモデル用にセッティングを変更し、1984年に輸出モデルとして発表。XBR500を基本としてクラシカルなイメージに。
ヤマハ

ヤマハスポーツSR500 国産初のビッグシングルスポーツ

1978年3月、SR400とともに発表されたのが、 ヤマハスポーツSR500。 SR500は、オフロードモデルのXT500用、 空冷シングルエンジンを、 ロード向けにリメイクして専用フレームに搭載した 国産初のビッ...
ヤマハ

ヤマハスポーツSR400 空冷ビッグシングルの象徴的マシン

1978年3月、以降40年近くの ロングセラーとなる伝説的なマシンが、 ヤマハから発売されました。 その時、それだけ長く愛されるマシンになるとは、 当のヤマハのスタッフさえ 思いもよらなかったことでしょう。 ...
ヤマハ

ヤマハエンデューロXT500 1976 名車SRを生み出すきっかけのマシン

僕は、ヤマハというメーカーが好きで、 乗り継いだマシンは、ヤマハが多かったです。 GX400、RD250、RZ250、SRX400と乗り継ぎました。 当時のヤマハは、2サイクルと 単気筒、2気筒にこだわりと ...
タイトルとURLをコピーしました