ヤマハ

ヤマハRZ125S 1983 クラス初の水冷のパワーユニットで登場

ヤマハRZ125Sは、 吸気デバイスYEISなどの採用により 2PSアップしました。 ビキニカウルの装着と同時に ハロゲンヘッドライトを採用し、 実用性を...
カワサキ

カワサキAR125 1983 GPマシンKRのテクノロジーのライトスポーツ

GPマシンKRのテクノロジーを 投入されたライトスポーツ。 ロータリーバルブとリードバルブを併用し、 クラス初のサーモスタットも装備しています。 (ad...
ホンダ

ホンダFT400/500 1982 フラット・トラッカーなる新ジャンル

XL500Sに搭載されていた空冷シングルエンジンに セルスターター追加などの改良を加え、 ダートトラッカー・スタイルの車体に搭載した、 珍しいスタイルのシングルスポーツです。 輸出用のFT50...
スズキ

スズキGSX400FSインパルス 1982 ヨシムラと共同開発のマフラー

GSX400F-Ⅱをベースに、 ヨシムラと共同開発した4in1マフラーを装着。 セパレートハンドルや アルミスイングアームを採用している。 POPヨシムラと言えば 神格化されたエンジニアでしたね...
ヤマハ

ヤマハXV1000TR1 1981 輸出車 こだわりの味付けを持った個性派マシン

Vツインをダイヤモンドフレームに搭載し、 モノクロスサス、メンテナスフリーのチェーンなど、 新機構を採用したモデルです。 XV1000TR1は輸出車でしたが、 国内では...
カワサキ

カワサキZ400GP 1982 ハイクオリティな造りでライバルに対抗

他社の400ccマルチ車のライバルが出揃ったところで、 Z400FXを打ち切り満を持して登場したマシンです。 当時のライバル車は、ヤマハXJ400、スズキGSX400F、ホンダCBX400Fでした。 ...
ホンダ

ホンダVT250F 1982 ヤマハRZ250に4ストで唯一対抗した驚異のVツイン

4サイクルGPマシン、 NR500のエンジンの半分といえるV型ツインを積んだ、 2サイクル250スポーツの対抗馬。 フロントは、インポートディスク。 1982年6月10日発売。 ヤマハRZ250に対抗す...
ヤマハ

ヤマハスポーツXV750E 空冷Vツインの個性派スポーツ

ヤマハスポーツXV750E 1982年1月 空冷4ストOHC2バルブV型2気筒 排気量748cc 最大出力:60PS/7000rpm 最大トルク:6.6kg-m/6000rpm 車両重量:224kg ダ...
ホンダ

ホンダCBX400F 1981 クラス唯一のDOHC4バルブにして最強の48ps

1981年1月にレーガン政権誕生。 レーガンは、元映画俳優で、 バック・トゥ・ザ・フィーチャーという映画で、 主人公が、母親の青春時代のタイムトリップした時、 自分が未来からやってきた、今の大統領はレーガンだ...
ヤマハ

ヤマハスポーツRZ50 1981 クラス初の水冷パワー・ユニット搭載

クラス初となる水冷エンジンは、 安定した吸入気が得られる吸気デバイスYEISを装備し、 90km/hに迫るトップスピードと好燃費を両立していました。 タービン製キャストホイールに カンチレバー型モノクロスサスペンショ...
スズキ

スズキGS650G 1982 ハンス・ムート デザインのもう一台のカタナ

ハンス・ムート(ドイツの工業デザイナー)による、 もう一台のカタナがGS650G。 国内デビューはGSX750Sより一足早く、 リッター100PSに迫るパワーを出していました。 シャフトドライブ採用などツ...
ホンダ

ホンダCX500Turbo 1981 500ccでナナハン並みの動力性能を実現

果たしてライダーたちが、 オートバイにここまでの望んでいたかは不明ですが、 輸出用ながらホンダCX500ターボが出た時は驚きました。 縦置き水冷OHV80度Vツインという極めてユニークなメカニズムを採用。 ...
タイトルとURLをコピーしました