スズキ

スズキ

スズキ GF250 1985

スズキGF250は、GSX250E(1980年1月~1986年4月)やGS250FW(1983年3月~1984年6月)に変わって、1985年3月にデビュー。ヤマハFZ250 Phazer(1985年4月~1986年7月)の強力な追撃を受ける形と成った。GS250FWの2バルブDOHCを改良。2バレル・ツインキャブレターでコントルール性の高い。
スズキ

スズキRG125Γ 1985 目立たないけど優れたモデルを出し続ける底力

スズキというメーカーは、目立たないけど底力を感じさせるメーカーです。だから僕は好きで、いままでハスラーTS250やRG250Γを乗ってきました。そのスズキは125ccクラスにおいても、非常に優れたマシンを生み出してきました。でもいまひとつユーザーの心をつかみきっていないのがスズキファンの僕としては残念です。
スズキ

スズキGSX-R 1984 250cc並みに軽量車体に驚異の59ps 凄すぎ!

スズキGSX-Rは、 単体重量7.6kgという 驚異的な軽さを誇る アルムフレームMR-ALBOXに、 フリクションロスの低減や 吸排気バルブの大径化と 徹底的なチューンアップを施した インライン4エン...
スズキ

スズキGS250FW 1983 250cc世界初の水冷DOHC4気筒 驚異のマシン

スズキGS250FW 1983年3月 水冷4サイクルDOHC2バルブ並列4気筒 249cc 38PS/11500rpm 2.4kg-m/10500rpm 157kg 100/90-16・100/90-18 \484,000 ...
スズキ

スズキRG50Γ 1982 本家RG250Γよりも僅か早くガンマを命名

RG50Γは、 なんと本家RG250Γよりも 僅かに早く「ガンマ」と名付けられていた 50ccスポーツモデルです。 6速ミッション採用の 水冷エンジンに フルフローターサス、 フロント16インチ...
スズキ

スズキGSX400FSインパルス 1982 ヨシムラと共同開発のマフラー

GSX400F-Ⅱをベースに、 ヨシムラと共同開発した4in1マフラーを装着。 セパレートハンドルや アルミスイングアームを採用している。 POPヨシムラと言えば 神格化されたエンジニアでしたね...
スズキ

スズキGS650G 1982 ハンス・ムート デザインのもう一台のカタナ

ハンス・ムート(ドイツの工業デザイナー)による、 もう一台のカタナがGS650G。 国内デビューはGSX750Sより一足早く、 リッター100PSに迫るパワーを出していました。 シャフトドライブ採用などツ...
スズキ

スズキGSX750S-KATANA 1982 ハンス・ムートの鮮烈デザインで登場

ハンス・ムートのデザインで、 世界に衝撃を与えたGSX1100カタナを 国内向けにしたモデルで、750ccエンジンを搭載。 しかし当時の規制によってハンドルはアップタイプになり、 スクリーンも外され、オリジナ...
スズキ

スズキGSX400F 400ccクラス初となる4バルブ4気筒エンジン

スズキGSX400F 1981年4月 エンジン:空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 排気量:398cc 最大出力:45ps/10000rpm 最大トルク:3.5kg-m/8500rpm 重量:175kg タイヤ:...
スズキ

スズキGN400E 1980 アメリカンスタイル唯一のビッグ・シングル

当時、400ccクラスのアメリカンモデルで 唯一の単気筒のパワーユニットを積んでいます。 ベースのユニットは、 輸出向けのスズキ初の 4サイクル・トレールモデルSP370。 ボアを85→88mm...
スズキ

スズキGSX250E 1980 250cc初のDOHC、ライバル達をぶっ飛ばした!

ヤマハがレーサーレプリカの水冷2サイクルで来るなら、 スズキは、250cc初のDOHCで応戦。 80年代初頭から、 メーカー同士のエキサイティングな戦いが始まりましたね。 それもバイクブームを盛り上げ...
スズキ

スズキGS400-Ⅱ/400E 1978 発売以来高まる支持とスター・ウォーズ

1978年、僕は既に成人して大学2年生になっていました。 不思議ですね、未成年の時代は、懐かしいと思うのですが、 成人になってからの時代は、なんや、ついこの間のことやん、 と思ってしまいます。 でもさすがに78年は、...
タイトルとURLをコピーしました