カワサキ

カワサキ

カワサキCS250 1985 スタンダードモデルに徹した実益マシン

カワサキCS250は、虚飾を排し、スタンダードモデルに徹した、実益の高いモデルに仕上がっていました。パワーユニットは、2軸バランサーを用いた水冷DOHC4バルブです。ベースはKL250R(1984年)に搭載されていた単気筒エンジンです。カワサキ自体が、このパワーユニットに関して、あまり積極的でなかったようで。。。
カワサキ

カワサキGPZ400F 1983 水冷時代にあえて空冷で勝負 魂のマシン

カワサキGPZ400Fは、 空冷DOHC-2バルブ並列4気筒という ベーシックなパワーユニットで、 水冷時代にチャレンジした ※画像はイメージです カワサキスピリッツを ...
カワサキ

カワサキGPZ250 1983 GPZシリーズの末弟 空冷エンジンの真髄

カワサキGPZシリーズの末弟GPZ250は、 ベルトドライブを採用して メンテナンスフリーをうたった ストリートモデルでした。 250FT系のエンジンを リファインし 6psのアップが 図られていました。 ...
カワサキ

カワサキAR125 1983 GPマシンKRのテクノロジーのライトスポーツ

GPマシンKRのテクノロジーを 投入されたライトスポーツ。 ロータリーバルブとリードバルブを併用し、 クラス初のサーモスタットも装備しています。 (ad...
カワサキ

カワサキZ400GP 1982 ハイクオリティな造りでライバルに対抗

他社の400ccマルチ車のライバルが出揃ったところで、 Z400FXを打ち切り満を持して登場したマシンです。 当時のライバル車は、ヤマハXJ400、スズキGSX400F、ホンダCBX400Fでした。 ...
カワサキ

カワサキZ1100GP 新たな旗艦スポーツモデルとして登場

新たなカワサキのフラッグシップスポーツとして登場。 Z1000J系のエンジンをベースに ボアを広げて排気量をアップした上に、 量産車として初のフューエルインジェクションを採用。 ...
カワサキ

カワサキZ750FX-Ⅱ コンパクトな車体にパンチ力 楽しい走りが

僕の年齢なら、 高校生の時に自動二輪の免許を取っていれば、 限定なしで乗れたのですが、 あまり興味がなくて取りませんでした。 結局取ったのが、大学生になってから。 でも、もう教習所で取れるのは、 中型...
カワサキ

カワサキZ250FT 1979 専用フレームにOHCツイン Zシリーズの末弟

Z250FTは、小さくても兄貴分であるFX系のイメージを 巧みに再現した角張ったラインのスタイルが特徴的でした。 フレームは専用で、 空冷SOHCツインを搭載した Zシリーズの最小モデルでした。 ...
カワサキ

カワサキZ400FX-E1 1979 400マルチ復活で空前のヒットモデル

1977年にCB400FOURが姿を消して以来、 400cc4気筒を望む声は根強くありました。 そのニーズに応えたのがZ400FXでした。 直線基調の大柄なボディに クラス唯一のDOHCマルチの搭載で 空前のヒ...
カワサキ

カワサキZ400LTD 1979 第一次アメリカンブームの火付け役

第一次アメリカンブームとして、 各メーカーがアメリカンに力を入れる中、 高い人気を獲得したツインです。 エンジンは、ロードスポーツの Z400をベースとしたモデルです。 この年、コミックからテレビを経て ...
カワサキ

カワサキZ200 1977 地味だったけど、よくできた隠れた名車 

カワサキ Z 200は非常によくできたモデルです。 “Zシリーズ”で 最小の排気量。 どちらかといえばオーソドックスなスタイリングと 必要以上のパワーを与えない、 実用モデルとしての割り切りを持たせていました...
カワサキ

カワサキZ750T 1976 パワーを抑えたイージーライディングなナナハン

1974年10月に引退した 読売ジャイアンツの長嶋茂雄は、 翌年にジャイアンツの監督に就任しました。 しかし、就任一年目の75年は、 球団創立以来、 はじめての最下位に終わってしまいました。 長嶋監督は、...
タイトルとURLをコピーしました