ホンダ

ホンダ

ホンダCBX750ボルドール 1985 レーサーレプリカとは別路線に

1984年には"ホライゾン"を発表したCBX系に、 85年には"ボルドール"が新しくランナップされました。 3ピース構造のフルカウルを持つツアラーとして、ベンチレーターや キー付きのポケット等を備え、軽快性と利便性を兼ね備えたモデルとして打ち出しています。
ホンダ

ホンダBG400TT 1985 初の400ccシングル 多様化する80年代

ホンダは、1985年、400ccクラスで初めて、シングル・スポーツモデルを発表しました。これは'83年12月にGB250clubmanの人気に煽られてでした。XR500R(1983年)のパワーユニットをロードモデル用にセッティングを変更し、1984年に輸出モデルとして発表。XBR500を基本としてクラシカルなイメージに。
ボブ・ディラン

ホンダCBX250RS 1983 根強い単気筒ファンに応えたマシン

CB250RS/RS-Z(1980~1981年)の 人気を超えたVT250Fの登場で、 単気筒の支持や人気も消えかかったようにも思えました。 しかし、単気筒はモーターサイクルの基本です。 ...
ホンダ

ホンダCBX750F 1983 ナナハン初の6速 インラインフォアの意地

ホンダCBX750F 空冷DOHC並列4気筒と この後現れる各メーカーの 水冷のライバルマシンに 唯一対抗するモデルでした。 なんか嬉しいですね。 ホンダスピリッツを感じるマシンです。 ...
ホンダ

ホンダCBR400F 1983 4サイクルへのチャレンジ・スピリッツ

1983年の僕の正月は、 六本木にある会社で宿直をやっていました。 そう言えば、同僚の女性が差し入れに来てくれましたね。 また、大学時代に友人も遊びに来て、 応接室にあったお酒を飲んだっけ。 僕は、愛車...
ホンダ

ホンダMBX50 1982 トップレベルの動力性と低燃費を実現したモデル

ホンダMBX50は、 トップレベルの 動力性能と 低燃費を実現した 2ストスポーツマシンです。 直径29mm正立フォークと プロリンクサス、 ...
ホンダ

ホンダVF750セイバー 1982 世界初の水冷V4エンジン搭載

市販2輪車用としては世界初の水冷V4エンジンを搭載し、 デジタルワーニングシステムなど先進の エレクトロニクス技術を応用した装備を備えています。 ホンダの新世代V4スポーツモデルの第一弾として登場。 ただし、...
ホンダ

ホンダスペイシー250フリーウェイ 新設計水冷エンジンを搭載

スペイシーシリーズのトップモデルとして、 新設計水冷エンジンを搭載。 その機動力の高さで一躍ヒットモデルとなりました。 現在の二輪の中古市場でも大型スクーターは、 もっとも台数が多く、需要も活発とのことで...
ホンダ

ホンダFT400/500 1982 フラット・トラッカーなる新ジャンル

XL500Sに搭載されていた空冷シングルエンジンに セルスターター追加などの改良を加え、 ダートトラッカー・スタイルの車体に搭載した、 珍しいスタイルのシングルスポーツです。 輸出用のFT50...
ホンダ

ホンダVT250F 1982 ヤマハRZ250に4ストで唯一対抗した驚異のVツイン

4サイクルGPマシン、 NR500のエンジンの半分といえるV型ツインを積んだ、 2サイクル250スポーツの対抗馬。 フロントは、インポートディスク。 1982年6月10日発売。 ヤマハRZ250に対抗す...
ホンダ

ホンダCBX400F 1981 クラス唯一のDOHC4バルブにして最強の48ps

1981年1月にレーガン政権誕生。 レーガンは、元映画俳優で、 バック・トゥ・ザ・フィーチャーという映画で、 主人公が、母親の青春時代のタイムトリップした時、 自分が未来からやってきた、今の大統領はレーガンだ...
ホンダ

ホンダCX500Turbo 1981 500ccでナナハン並みの動力性能を実現

果たしてライダーたちが、 オートバイにここまでの望んでいたかは不明ですが、 輸出用ながらホンダCX500ターボが出た時は驚きました。 縦置き水冷OHV80度Vツインという極めてユニークなメカニズムを採用。 ...
タイトルとURLをコピーしました