ヤマハ

ヤマハ

ヤマハTZR250 1985 ニューコンセプトのレーサーレプリカ

こんにちは。 ともやんです。 TZR250は、全くのニューコンセプトモデルとした デビューしたマシンです。 スズキRG250Γが、火種となったクォーターレプリカに対抗し、 カワサキのKR250R(1984年4月)、...
ヤマハ

ヤマハRZ125 1985 発売以来 プロダクションレースで大活躍

ヤマハRZ125は、1982年5月に発売以来、プロダクションレースでも大活躍するモデルでした。デビュー翌年の1984年には、 サーモスタット付きのRZ125Sに名称を改められ、ミニカウルを装備するなどスタイル面でもイメージをアップさせました。'85年は、車体各部に大幅な改良が実施され、性能の強化と商品力の向上が図られました。
ヤマハ

ヤマハSRX250 1984 シンプルで最軽量にDOHCシングルの強力パワー

ヤマハSRX250は、 XT250のパワーユニットをベースに仕上げられ、 発売当初は、クラス最軽量のロードスポーツモデルでした。 ライバル車、ホンダのCBX250RS(1983年5月)、 CBX250S(1985...
ヤマハ

ヤマハXZ550 1983 輸出モデルを国内でも余裕のツーリングマシン

XZ400(1982年)のベースモデルとして 輸出向けに生産されていましたが、 国内でも販売されたマシンです。 XZ400Dと同じくフルカウルを装備して ツーリング志向...
ヤマハ

ヤマハRZ250R 1983 時代を切り開いたマシンのフルモデルチェンジ

ヤマハRZ250は、 2サイクルロードスポーツの 新時代を切り開いた名車ですが、 83年に初めてフルモデルチェンジしました。 定評のある水冷2ストツインエンジンは、 排気デバイスYPVSを装備した新型となり、 最...
ヤマハ

ヤマハXZ400 1982 水冷70°Vツインとシャフトドライブの個性派

ヤマハXZ400は、ホンダのVF400F(1982年12月) よりも先にリリースされた水冷Vツインです。 DOHC-4バルブは2気筒と他の ライバルモデル達とは一線を期していました。 このモデルが出た時はほし...
ヤマハ

ヤマハスポーツXZ400D 1982 ヒーター付きフルカウル装備

ヤマハスポーツXZ400D 1982年8月1日 水冷4サイクルDOHCV型2気筒 398cc ボア・ストローク73mm×47.6mm 45PS/10,000rpm 3.4kg-m/9,000rpm 200kg F90...
タイトルとURLをコピーしました