ホンダ

ホンダ

ホンダスペイシー250フリーウェイ 新設計水冷エンジンを搭載

スペイシーシリーズのトップモデルとして、 新設計水冷エンジンを搭載。 その機動力の高さで一躍ヒットモデルとなりました。 現在の二輪の中古市場でも大型スクーターは、 もっとも台数が多く、需要も活発とのことで...
ホンダ

ホンダFT400/500 1982 フラット・トラッカーなる新ジャンル

XL500Sに搭載されていた空冷シングルエンジンに セルスターター追加などの改良を加え、 ダートトラッカー・スタイルの車体に搭載した、 珍しいスタイルのシングルスポーツです。 輸出用のFT50...
ホンダ

ホンダVT250F 1982 ヤマハRZ250に4ストで唯一対抗した驚異のVツイン

4サイクルGPマシン、 NR500のエンジンの半分といえるV型ツインを積んだ、 2サイクル250スポーツの対抗馬。 フロントは、インポートディスク。 1982年6月10日発売。 ヤマハRZ250に対抗す...
ホンダ

ホンダCBX400F 1981 クラス唯一のDOHC4バルブにして最強の48ps

1981年1月にレーガン政権誕生。 レーガンは、元映画俳優で、 バック・トゥ・ザ・フィーチャーという映画で、 主人公が、母親の青春時代のタイムトリップした時、 自分が未来からやってきた、今の大統領はレーガンだ...
ホンダ

ホンダCX500Turbo 1981 500ccでナナハン並みの動力性能を実現

果たしてライダーたちが、 オートバイにここまでの望んでいたかは不明ですが、 輸出用ながらホンダCX500ターボが出た時は驚きました。 縦置き水冷OHV80度Vツインという極めてユニークなメカニズムを採用。 ...
ホンダ

ホンダCB250RS スポーツ車の原点をあえてレーサーレプリカ時代に発表

僕が、オートバイに求めるのは、 シンプルで、扱いやすいマシンです。 そんなことから、乗り継いできたマシンは、 2サイクル、4サイクル共に単気筒か2気筒でした。 僕は、オートバイに対して感じていたのは、 移動...
ホンダ

ホンダホークⅢCB400N 1978 ホークⅡをベースにスポーツ性復活

ホンダホークⅢは、 ホークⅡをベースに フロントブレーキをダブルディスクとし、 6段ミッション、 低いハンドルやバックステップなどを 装備したモデルでした。 1978年(昭和53年)8月2...
タイトルとURLをコピーしました