ヤマハスポーツXS650special 1978 ビッグ・ツインの魅力満載

ヤマハ

1978年(昭和53年)といえば、

成田空港が開港した年です。

 

開港したといっても、

ようやく滑走路一本で開港にこぎつけました。

 

千葉県成田市三里塚に

新しい国際空港を作ることが決まってから50年以上経ち、
開港してから40年経ちました。

 

新東京国際空港が正式名で、

羽田空港に代わる新しい国際空港として

1966年(昭和41年)7月に
千葉県成田市三里塚への建設が閣議決定されました。

 

地元の意向を無視した決定として住民らが血良く反発し、

新左翼・過激派各セクトもこれを支援して
工事は難航しました。

 

戦後、これほど混迷を極めた国家事業はありませんでした。

 

こんな状況の中、78年8月に当時大学生2年生だった僕は、
のんびりしたもので、大学の先輩と二人で、

成田空港からアメリカに1ヵ月の旅に出ました。

 

東京駅から、成田空港行きのバスに乗った記憶があるだけで、
成田空港の記憶はあまり残っていないですね。

 

飛行機の中で、「グッバイ・ガール」を上映していたのはよく憶えているのに。。。

 

そして、アメリカから帰国して何を思ったかその秋に
自動二輪中型の免許を取りに行きました。

 

それが実際の僕とオートバイとの付き合いの始まりです。

 




ヤマハスポーツXS650special プロフィールとポテンシャル

 

ヤマハスポーツXS650special

1978年

エンジン:空冷4サイクルOHC2気筒
ボア・ストローク 75mm×74mm
排気量:653cc
最大出力:51ps/7,500rpm
最大トルク:5.4kg-m/5,500rpm
重量:205kg
最高速:150km/h
燃費:35km/l
始動:セル・キック 5速
タイヤ:F3.50-19 R130/90-16
価格\450,000

 

 

ビッグ・ツインの魅力を全身で表して登場したXS-1から、
ベーシックモデルへと変化したTX650が、

 

パワーユニットの存在感を遺憾なく発揮して、
アメリカン・タイプのモデルをもデビューさせました。

 

TX650の英国調のムードから全く異なる変化は、
トライアンフのアメリカ向けモデルにも見られるように、
特に異質なものではありませんでした。

 

アメリカンモデルのブームはヨーロッパにも飛び火し、
世界的にも広がりを見せていました。

 

カスタマイズされた特種なモデルとしての
存在感をアピールしていただけに、インパクトの強いモデルでした。

 

大学時代の友人が乗っていて、
彼はどちらかというと飛ばし屋だったので、
アメリカンタイプのXS650specialをスポーツマシンのように
乗り回していました。

 

でも、かっこいいマシンでしたね。

 



アメリカン・タイプのルーツ イージー・ライダー

日本で、「イージー・ライダー」が上映されたのは、
1970年(昭和45年)。
当時中学1年だったのですが、自転車通学をしていて、
中に自転車の後ろ座席に座り、ハンドルは腕を伸ばした状態で乗っている友人がいて、
「イージー・ライダーみたいだろう」
というのを見て、聞いて、そんなことからイージー・ライダーを知ったのでした。



イージー・ライダー アメリカン・ニュー・シネマの傑作

 

薬の密輸でひと儲けしたキャプテン・アメリカことワイアットと相棒のビリーは、
時計を捨て、カリフォルニアからアメリカを横断する旅に出ました。

 

ニューメキシコのヒッピー・コミューンになじめなかった二人は、
テキサスの田舎町のパレードに紛れ込んで逮捕されてしまいます。

 

二人は留置場でアル中の弁護士ジョージと意気投合し、
ニューオーリンズを目指すことになりました。

 

米国南部の人々はヒッピー風の3人に敵意むき出しでした、
野宿する3人が襲われ、ジョージは命を落とします。

 

ジョージの遺志を継いで二人はニューオーリンズにやってきました。
でも全てがむなしくなった二人は旅を続けました。

 

でも、道ですれ違ったトラックから銃撃され、命を失います。

この映画から9年後、僕は先輩と二人でニューオーリンズを訪れました。

 


イージー★ライダー コレクターズ・エディション デニス・ホッパー 、 ピーター・フォンダ

まとめ

 

1960年代から70年代にかけては、
世界的に反戦運動が盛んで、

自由を求める気運が高かった時代です。

 

そんな時代に僕は思春期を迎えました。

 

団塊の世代の人たちは既に大学生や社会人になっていました。

 

このころの映画としては、
「イージー・ライダー」「俺たちには明日はない」

 

「明日に向かって撃て」「いちご白書」、
そして僕が特に影響を受けた五木寛之の「青年は荒野をめざす」は、

1967年(昭和42年)僕が10歳の時でした。

 

ヤマハが初めて世に出したアメリカンタイプは78年。

 

ヒッピー文化から影響を受けた世代が

ちょうど20歳前後になった頃でした。

 

良いタイミングだったのです。

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました