ホンダCBX750ボルドール 1985 レーサーレプリカとは別路線に

ホンダ

こんにちは。
ともやんです。

1984年には”ホライゾン”を発表したCBX系に、
85年には”ボルドール”が新しくランナップされました。

3ピース構造のフルカウルを持つツアラーとして、ベンチレーターや
キー付きのポケット等を備え、軽快性と利便性を兼ね備えたモデルとして打ち出しています。

ホンダCBX750“Bold’or”1985 パワーユニットとプロフィール

ホンダCBX750“Bold’or”
1985年

エンジン:水冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
排気量:747cc
ボア&ストローク:67×53mm
圧縮比:—
最高出力:77ps/9,500rpm
最大トルク:6.5kg-m/7,500rpm
最高時速:—km
車両重量:217kg
始動方式:セル
ミッション:6速
タイヤ:F110/90-16 R130/80-18
価格:\698,000

ホンダCBX750“Bold’or”1985 唯一の空冷は低調なイメージ

ホンダCBX750″ボルドール”は、

他社がインライン4に水冷化で先行する中で

唯一の空冷を採用していました。

従来型のCBX-Fと変わらぬスペックや装備など、
スーパースポーツモデルとしては、やや低調なイメージとなってしまいました。

ホンダCBX750“Bold’or”1985 出力特性はインパクト不足

数値上では、確かに規制値の77psをキープしていましたが、
出力特性では、インパクト不足のモデルでした。

ホンダとしては、
V-4のVF750Fが他社に先駆けして水冷化を採用するも、
インライン4の新たな開発には遅れを取っていました。

結局、750ccクラスになってのCBは、その後、他社のレーサーレプリカとは、
一線を期したツアラーモデルとしての性格を強くしていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました