ホンダBG400TT 1985 初の400ccシングル 多様化する80年代

ホンダ

こんにちは。
ともやんです。

ホンダは、1985年、400ccクラスで初めて、
シングル・スポーツモデルを発表しました。

これは’83年12月にGB250clubmanの人気に煽られてでした。

XR500R(1983年)のパワーユニットを
ロードモデル用にセッティングを変更し、1984年に輸出モデルとして発表した

XBR500を基本として、クラシカルなイメージに仕立て直しました。

ホンダGB400TT 1985 プロフィール

ホンダGB400TT 1985年

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:399cc
ボア&ストローク:84×72mm
圧縮比:—
最高出力:34.0ps/7,500rpm
最大トルク:3.40kg-m/6,000rpm
車両重量:150kg
始動方式:セル&キック
ミッション:5速
タイヤ:F90/90-18 R110/90-18
価格:\439,000

 

XR500よりも高回転型に出力特性を変更し、ロードモデルに対応しています。

XRの41ps/6,000rpm、4.60kg-m/5,500rpm

GB500、40ps/7,000rpm、4.20kg-m/5,500rpm

よりもさらに高回転型のユニットにしているのがGB400の特徴でした。

ホンダGB400TT 1985 出力特性

 

出力的には、500ccのパワーユニットの特性の方が、
ビッグ・シングルなりの味を出しています。

しかし、マルチに慣らされたユーザーにとってもは、
400ccの特性でも十分にビッグシングルの

インパクトをもたらしてくれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました