カワサキ500メグロK2は進化の過程

カワサキ

1965年当時、高回転・高出力のスーパースポーツモデルの
華々しい時代に突入していました。

 

しかし、大排気量のオートバイらしいオートバイは、国産では少数で、ほとんどが海外からの輸入に頼るしかありませんでした。

 

そこで英国車のライバルとして作られたのが、メグロK2。

 

カワサキ500メグロK2
空冷4ストOHV並列2気筒
496cc
36PS/6500rpm
4,2kg-m/5500rpm
¥295,000

 

川崎目黒製作所の倒産後、カワサキの傘下となった

メグロブランドで発売されました。

 

最大トルク4.2kg-mは当時、国産車としては最高。
カタログデータでは最高速165km/hを誇りました。

当時数少ない国産大排気量車として君臨しました。

 

この後L、カワサキWシリーズとして進化して行きます。




人気ブログランキングへ

クリック応援よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました