スズキ一覧

スズキ スーパースポーツ M40 1963年 オリンピック前の激動時代

鈴鹿サーキットの第一回目の記念すべき全日本ロードレース選手権では、RM62として50ccクラスでトップ争いに終始しました。トップは逃したが、2位から4位まで独占。翌1963年は、鈴鹿サーキットにおいて、第一回目の日本GPが開催。スズキは、50ccクラス2位から6位まで独占、125ccクラスで優勝と、海外での実績を国内でも実証済み。

スズキ T20 遅れてやってきたスポーツモデルは世界最速

スズキの技術力の高さを世界に認識させたモデルです。スポーツモデルとしては、他のメーカーの後塵を拝していましたが、だからこそ、全てにおいて、世界最高をめざして開発されました。世界最高の水準を得るため立てられたコンセプトは不可能との思えるもので、失敗の連続でした。しかし